三井物産管弦楽団
Mitsui Bussan Philharmonic Orchestra
第22回演奏会に向けた練習風景
  • 多戸先生によるマイスタージンガーの練習
  • 水戸先生と野田先生によるウェーバーのクラリネット協奏曲の練習
  • 野田先生によるウェーバーのクラリネット協奏曲の練習
  • 野田先生によるウェーバーのクラリネット協奏曲の練習
  • 野田先生によるウェーバーのクラリネット協奏曲の練習
  • 多戸先生によるブルックナーの交響曲第9番の練習
  • javascript carousel
  • 多戸先生によるブルックナーの交響曲第9番の管分奏
多戸先生によるマイスタージンガーの練習1 水戸先生と野田先生によるウェーバーのクラリネット協奏曲の練習2 野田先生によるウェーバーのクラリネット協奏曲の練習3 野田先生によるウェーバーのクラリネット協奏曲の練習4 野田先生によるウェーバーのクラリネット協奏曲の練習5 多戸先生によるブルックナーの交響曲第9番の練習6 多戸先生によるブルックナーの交響曲第9番の練習7 多戸先生によるブルックナーの交響曲第9番の管分奏8
html5 slideshow by WOWSlider.com v8.8
ワーグナー・チューバ
第22回演奏会(2019年)のブルックナー/交響曲第9番の第3楽章で使用する「ワーグナー・チューバ」という楽器をご紹介します。
この楽器はワーグナーが考案した楽器で、ワーグナーの楽劇やブルックナーの交響曲で使用されます。他にも、R.シュトラウス、ストラヴィンスキー、バルトーク、シェーンベルクなどの作曲家も使用していますが、それほど一般的には使用されません。大きくテナー・チューバとバス・チューバの2種類に分けられます。ブルックナーの交響曲ではテナー・チューバが2本、バス・チューバが2本使用されます。
ワーグナー・チューバは、通常、ホルン奏者が演奏します。マウスピースもホルン用のものを使用します。
パックスマン製テナー・チューバ。B/Fセミダブル。ワーグナー・チューバの1番と2番奏者が使用します。
クルスペ製バス・チューバ。Fシングル。ワーグナー・チューバの3番奏者が使用します。大変貴重なオールド楽器です。
アレキサンダー製バス・チューバ。Fシングル。ワーグナー・チューバの4番奏者が使用します。
ヴェンツェル・フックス氏との協演
第17回演奏会(2014年)における、ベルリンフィルハーモニー管弦楽団の首席クラリネット奏者であるヴェンツェル・フックス氏との協演は、貴重で感動的な演奏会となりました。
リハーサル風景
コンサートマスターとの真剣な打ち合わせ
Copyright © Mitsui Bussan Philharmonic Orchestra, All rights reserved.